2021年 F1第15戦 ロシアGP 決勝

 凄いレースだった。最後の数周までは、通常のドライコンディションでのレース。終盤はポールシッターのマクラーレンのランド・ノリスと、我慢我慢で上がってきたメルセデスルイス・ハミルトンとのコース上での争いで決着するかと思われたが、残り10周を切ったところから強い雨が振り始める。

 初優勝を目前としていたノリスはインターミディエイトへの交換を拒否、逃げ切りを図る。しかし路面はインターでも厳しいほどに悪化、残り2周で交換したものの、7位に終わる。逆転したハミルトンは前人未到のキャリア通算100勝目。2位には最後尾の20番グリッドからスタートしたレッドブルマックス・フェルスタッペン。残り5周でドンピシャのタイヤ交換、7位で終わると思われたが見事に表彰台を獲得した。3位にはフェラーリサインツ。序盤レースをリードしたものの長い第2スティントを強いられ表彰台は厳しいかと思われたが、こちらもインターへのタイヤ交換がうまくハマった。

  1. ルイス・ハミルトンメルセデス
  2. マックス・フェルスタッペンレッドブル・ホンダ)
  3. カルロス・サインツフェラーリ
  1. 角田裕毅(アルファタウリ)

f:id:rotf:20210926234611j:plain

決勝トップ10
続きを読む

ザントフォールトのバンクで、メルセデスがレッドブルを追う展開になった理由は?

出典:

www.formula1.com

 2021年、最速の2台による戦いが繰り広げられている。メルセデス W12 とレッドブル RB16B、ザントフォールトは、後者の特性と完全に一致し、メルセデスはいくつかの困難に見舞われた。

 サーキットのデザインは、空力効率に優れるローレーキのメルセデスに比べ、ハイダウンフォースレッドブルに有利だと考えられてはいたが、メルセデスにとって最も困難だったのは、右回りのターン2から、左回りのターン3へのアプローチだった。ターン3は劇的なバンクを持ち、フーゲンホルツコーナーと呼ばれている。

続きを読む

2021年 F1第14戦 イタリアGP 決勝

 チャンピオンを争う二人が、タイヤ交換直後のターン1で接触、フェルスタッペンのレッドブルがハミルトンのメルセデスに乗り上げ、双方リタイヤ。白熱するチャンピオン争いは、ここへ来て極まってきた。

 グラベルに嵌った2台の撤去は SC 下にておこなわれ、再開後はルクレールがポジションをキープできず、マクラーレンの 1-2、ペレス、ボッタス、ルクレールサインツの隊列。そして先頭はナント、リカルドのほう。レースはこの隊列のままチェッカーとなったが、チェコルクレールをコース外からパスしたことによる5秒ペナルティで5位に降格。マクラーレンが長き低迷を抜けて、久しぶりの勝利を 1-2 フィニッシュで飾った。

f:id:rotf:20210912235559j:plain

優勝したダニエル・リカルド
  1. ダニエル・リカルドマクラーレン
  2. ランド・ノリス(マクラーレン
  3. バルテリ・ボッタスメルセデス

DNS. 角田裕毅(アルファタウリ)

続きを読む

即興?―メルセデスとレッドブルがベルギーGPでおこなった劇的なセットアップ変更とは

出典:

www.formula1.com

 ベルギーグランプリは大雨に見舞われたが、それでもメルセデスレッドブルは、日曜へ向けて多くのセットアップ変更をおこなっていた。マーク・ヒューズが、ジョルジョ・ピオラのイラスト共に、週末を通じてチームがどのような合わせ込みをおこなったのかを解説する。

 日曜日が天候により削減されたベルギーグランプリでは、各チームが繰り出した様々なウィングレベル選択を確認することができた。

続きを読む

2021年 F1第13戦 オランダGP 決勝

 ポールから無難なスタートを決めたマックス・フェルスタッペンが、追いすがるハミルトンを寄せ付けず、ポール・トゥ・ウィン。チャンピオンシップも逆転した。

f:id:rotf:20210912234858j:plain

決勝上位3名
  1. マックス・フェルスタッペンレッドブル・ホンダ)
  2. ルイス・ハミルトンメルセデス
  3. バルテリ・ボッタスメルセデス

DNF. 角田裕毅(アルファタウリ)

続きを読む

2021年 F1第12戦 ベルギーGP 決勝

 雨でセーフティ・カー先導のラップだけでレース成立、レコノサンスのレ・コームでバリアに突っ込んだペレス以外はスターティンググリッド順位のまま終了。

  1. マックス・フェルスタッペンレッドブル・ホンダ)
  2. ジョージ・ラッセル(ウィリアムズ)
  3. ルイス・ハミルトンメルセデス
  1. 角田裕毅(アルファタウリ)
続きを読む

ウィングレベルはレッドブルとメルセデスのタイトル争いを左右するのか

出典:

www.formula1.com

 サマーブレイクが終わり、シーズン後半が幕を開ける。魅力的な数多くのサーキットが控えており、サーキットごとに、ドラッグとダウンフォーストレードオフの選択肢が異なる。そしてこの妥協点は、ルイス・ハミルトンマックス・フェルスタッペンのふたりによるタイトル争いの行方を左右する核心的な要素となるのだ。残されたそれぞれのトラックにおいて、振り子はどちらに揺れるのだろうか?

 車体で発生するダウンフォースの大きさと、それに伴うドラッグの大きさには、常に妥協点が存在する。ダウンフォースは制動力や旋回性を高めるが、ドラッグが大きいとストレートで遅くなる。リアウィングを厚くしてダウンフォースを増やしても、ラップタイムにすると逆効果となる時もあるのだ。

続きを読む